目元がたるんでいるからって、化粧が濃くなっていませんか?

カバーしようとしすぎて、逆に目元が重くなっていることもあります。

目ヂカラを強く見せようとアイラインをしっかり引いてしまうことで、
目が小さく見えてしまったり、余計にどんよりと見えてしまうことも・・・。
メイクって難しいですよね。

ナチュラルメイクをして、まぶたのたるみ、目元のくすみをカバーしていきましょう♪

アイメイクで気を付けたいことって?

加齢とともに、目元が重くなってしまうのは仕方ないことでもあります。
年と共に、筋力もおちてくるのでまぶたも重くなってしまいます。

コンシーラーでくすみを隠そう

まず、目元のくすみは、コンシーラーを使ってオフしていきましょう。

目元が暗いと印象が暗くなってしまいがちなので、コンシーラーで隠していきましょう。
コンシーラーは固形のものではなく、リキッドタイプを使うのがオススメです。
固形のものは厚くなってしまうので、要注意です。

オレンジ系のナチュラルカラーをチョイス

目元の印象を明るく見せるためには、オレンジ系のものがオススメです。
パールが入っていると華やかになりますね。
オレンジ系はくすみを飛ばしてくれますので、今まで使ったことないなぁという方にも挑戦してみていただきたいです♪

最近は、見たままに塗って行けばOKというパレットが人気ですよね。
私も使っています。年代的にブラウン系かなーと思っていましたが、
オレンジ系をチョイスすることでパッと明るくなったので愛用していますよ。

マスカラで目元パッチリ

マスカラを使って、目頭の方をしっかり目に付けましょう。

年と共に、目尻も下がってしまうので、目と目が離れて見える感じになってしまうのを防いでいきます。

目頭の方にしっかりとつけることで、目と目が近く見える印象になりますよ。

ハイライトで白目をクッキリ

目の下のくすみを飛ばすことで、白目もクリアに見えるようになります。

目の下の目頭の。三分の一くらいに白のハイライトを入れることで、
若々しい目元を作り出してくれます。

ナチュラルなのに、しっかりと目元のたるみをカバーできるので、
家ではたるみ防止エクササイズやアイクリームで対策を、
外では目元スッキリメイクで過ごしていきましょう♪

コンプレックスに感じるよりも、効果を楽しみにしながらケアしていく方が楽しいし、長く続くものです。
自分に良い方法、合いそうなものを取り入れてアンチエイジングを頑張っていきましょう!