まぶたがたるんでいると、眠そうに見えたり疲れて見えたりと、パッとしない印象があると思います。

腫れぼったくなっているまぶたがスッキリとするだけでも、顔はかなり変わってきますよね。

まぶたが重いけど、簡単なセルフケアでスッキリとすることができるのであればやってみたいもの。

今回は、自分でできるケア方法を調べてみました♪

ツボ押しでまぶたのたるみを解消

まぶたのたるみの原因はひとつではありませんが、その中でも、血行不良筋力の衰えに対する対策として、ツボ押しという方法があります。

これなら簡単に、隙間時間で取り組むことができるのでオススメです♪

ツボ押しで、血行をよくしていきましょう。

①目と目の間のツボを押しましょう。

目と目の間、鼻の根元に睛明(せいめい)というツボがありますので、数秒押しては休むを5回ほど繰り返します。

★ツボは、抑えたときに軽くくぼんでいるところになります。強く押すとくぼみが分からなくなりますので、優しく押しましょう。

②眉の近くのツボを押しましょう。

次に、鼻の根元から少し上に上がっていくと、眉頭の下に攅竹(さんちく)というツボがあります。
こちらも同じように数秒押しては休むを5回繰り返します。

③こめかみを抑えましょう。

人差し指と中指を使って、目を挟むようにしてこめかみを優しく抑えていきましょう。

目元の皮膚は薄くてデリケートなので、ぎゅぎゅっと押すので早く優しくケアしてあげてくださいね。

このほかにも、色々なツボがあります。

ユーチューブで検索をしてみたら、ツボやマッサージ法などがたくさんヒットして驚きました!
なんでもネットで見つかるってスゴイですね・・・。
みなさん、やっぱり気になり努力もされているということにもなりますね。

そして、まぶたのたるみだけでなく、目の疲れにも効果的です。
そういえば疲れたときなどに、無意識に目のツボを押していたなぁと感じる方も多いかもしれないですね。

目の周りの老廃物を流してあげることによって、目元のリフトアップができますので血行がよくなり、むくみの解消へと繋がっていきます。

目が疲れたなーと感じたときなどにも押してみましょう。

 

このツボ押しを一日3回程度やっていくことでむくみも取れてたるみも解消できることが期待できます。

ツボを押すと、疲れがとれるような気もしてリラックス効果がありますよね♪

ぜひ、日々の隙間時間にツボ押しを入れて、まぶたがスッキリのキープしていきましょう!